ブログのプロフィールが持つ役割|仕事や収益につながる可能性について

 

ブログのプロフィールって、何のために、誰のために書くものでしょう?

ねね
あらためて考えたことがある人って少ないんじゃないかな。

ブログのコンセプトや方向性を決定づける要素にもなり得ます。

いったん手を止めて、ゆっくり考えてみましょう。

プロフィールの持つ役割

プロフィールを書くのはなぜでしょう?

「書かないとダメだ」と誰かが言っていたからでしょうか?

違いますよね。

プロフィールは、ブログを構成する重要な要素のひとつ。

通常の記事と同等、あるいはそれ以上に意味のあるものでなければなりません。意味を持たせなければ・・・・・・・なりません。

ことり
では、なぜプロフィールに意味を持たせる必要があるのでしょう?

名刺としての役割

ブログは、心がけ次第で無理なく win-win の関係が築ける、身近で手軽な手段のひとつ。マーケティングを学ばずともそれを可能にする、最も効率のよい方法です。

ブログを訪問してくれたユーザーに向けて、あなたの得意分野や商品をアピールできるチャンスをつくる。ビジネスマンが得意先に名刺を渡すようなものですね。

そして、そのチャンスが収益や新たな出会いを生む。この好循環をつくる助けとなるのがプロフィールなんです。

ことり
気合を入れて書くべきものであることが伝わったでしょうか。

先ほど『win-win の関係』と言いました。

ブログは読み手と書き手、双方にメリットがあります。厳しい言い方をすれば、双方にメリットがなければ書く意味がありません。

それをつなぐ名刺のような役割を果たすのがプロフィールです。

読み手に何かを感じて&得てもらうため

私は常に、ブログを訪れた方に何かを得てほしいという強い思いを込めて記事を書いています。微力でも何かお手伝いできたらいいなと思いながら書いています。

もちろん、プロフィールにも想いを込めています。

  • 知っていることを教えてあげたい
  • 悩みを解決してあげたい
  • 安心感を持ってもらいたい
  • 信頼してもらいたい
  • 文章の苦手なポイントを解消してもらいたい
  • 相談できる先があることを知ってほしい
ねね
読み手の心に何かが残るプロフィールにしたいよね。

スポンサーリンク

自分のサービス&収益につなげるため

そしてもちろん自分のためでもあります。ちょっと生々しい話ですが、慈善事業でやっているわけではありませんので、正直に書きますよ。

  • 自分のことを知ってもらう
  • すごい!と思わせる
  • 共感を抱かせる
  • 気に入ってもらう
  • サービスを受けてもらう
  • リピーターになってもらう
  • シェアしてもらう

この記事を読んでくださっているということは、きっとあなたも『書く』ことで収益を得たいとお考えのはず。

そんなあなたにとって、この生々しいお話はストンとお腹に落ちるのではないでしょうか。

そう、プロフィールは自分の武器やサービスをアピールするための大切な場なんです。

読了後に次の行動を起こしてもらうため

記事を読んでくれたユーザーには、次の行動を起こしてもらってナンボです。通常の記事はもちろん、プロフィールであっても同じです。

  • 関連記事を読んでもらう
  • 問い合わせをしてもらう
  • メルマガに登録してもらう
  • サービスに申し込んでもらう
  • アドセンスをクリックしてもらう
  • ショップリンクを踏んで買い物をしてもらう
ことり
そのためには何をすべきか。もうおわかりですね。

読み手にどんな得があるのかをアピールするため

自分が読み手に提供できるメリットは何かを考えます。

例えば私の場合、プロフィールを読んだ人に『悩み(=文章が苦手)の相談先を見つけた』と思ってもらわないことには仕事につながりません。

それを知ってもらうためにプロフィールを書きました。

ことり
『鬼』を名乗っているけど本当は怖くないよ! というアピールのためでもあります。笑

そして、プロフィールには盛り込みきれなかった部分を『履歴書』として別記事にまとめました。校閲・添削のスキルに信ぴょう性を持たせるためです。

鬼添削の実例は体験者さまが公開してくださっています。でも、それだけではいまひとつ信頼しきれないのではないかと考えました。

どこでどんな勉強をして磨いたスキルなんだろう・・・?

さらに、それで足りない部分を補うべく、匿名質問箱に届いた過去の質問に対するお答えも集約して記事にしました。今後、新しい質問があれば追記していきます。

ねね
あなたは読み手にどんなメリットを提供できますか?

コンセプトづくりをしながら、ゆっくり考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA