もしかして情報商材詐欺?!と感じたらチェックしてほしい17の項目

2 min
ことり

ことり

もしかして詐欺・・・?

と感じたら。

購入に至るまで。決済から納品に至るまで。そしてアフターケア。順に思い起こしてみてください。

次の17の項目のうち1つでも当てはまるものがあれば、その商材は疑ってかかるべきかもしれません。

スポンサーリンク

情報商材詐欺にありがちな17項目

私の経験と、過去に相談してくださった方のお話から、情報商材詐欺にありがちな特徴・傾向をいくつか書き出しました。

相手にあなたをだますつもりがあったかどうかを見破るヒントになると思います。

十分な情報を得られましたか?

  1. 販売ページあるいは販売者のウェブサイトには、販売会社の所在地や責任者名、連絡先などが明記されていますか?
  2. 販売ページや動画でうたわれていた内容と、商品やサービスの内容が乖離かいり(相違)していると感じませんか?
  3. 販売者あるいは販売会社の連絡先は明示されていますか?
  4. 販売ページには特定商取引法に基づく表記がありましたか?

できれば決済前に確認したい

  1. 販売者が電話口で声を荒らげたことはありませんか?
  2. 「今日この電話で申し込みを完了しないと間に合わない」と言われませんでしたか?
  3. 相手はあなたのクレジットカードの情報を聞き出そうとしませんでしたか?
  4. 販売ページには特定商取引法に基づく表記がありましたか?

決済に関して

  1. 決済完了メールは届きましたか?
  2. その決済完了メールは信頼に値するしっかりとした内容でしたか?
  3. そのメールには、決済代行会社のウェブサイトURLなども明記されていましたか?
  4. その決済代行会社のウェブサイトは信頼に値するしっかりとしたものですか?
  5. 商品やサービスの契約書、あるいはそれに代わるものは送られてきましたか?

決済後の販売者の態度

  1. 購入後、販売者の態度が冷たくなった、あるいは荒くなったと感じたことはありませんか?
  2. 電話やメールなどで高額なバックエンド商品の購入を勧められませんでしたか?
  3. コミュニティ内で知り合った他のメンバーと個別に連絡を取り合うことを禁じられていませんか?
  4. そもそも契約自体を口頭のみ(電話口)で済ませませんでしたか?

お手伝いできること・できないこと

この記事を読んでくださった方から相談メールをよくいただきます。

ご相談が増えるに連れ、お手伝いできること・できないことを明示する必要性を感じ、この項目をつくりました。

私は法曹関係の仕事に従事する者ではありません。免許も資格もありません。

あくまでも、情報商材詐欺に遭ったことがあるだけの、一介の詐欺被害経験者です。

まずはそこを十分にご理解いただき、最後まで目を通していただけましたら非常に助かります。

お手伝いできること

  1. 詐欺に遭ったと気づいたとき起こした行動についてお伝えすること
  2. 各相談機関を利用して感じたメリット・デメリットをお伝えすること
  3. 具体的にどのような資料を準備したかお伝えすること

残念ながらお約束できないこと

  1. 必ず全額返金にこぎ着けるとお約束することはできません
  2. 法律の専門家ではありませんので、実体験に基づくアドバイスしかできません
  3. あなたに代わって交渉することはできません
  4. あなたの代わりに資料を準備することはできません
ことり

ことり

戦うのはあなた自身です。

ご相談の前に

一刻も早く話を聴いてほしい・・・!

これが本音だと思います。

はやる気持ちを抑えて最後まで目を通してくださったあなたに敬意を表します。

初めてお訪ねくださったのがこのページだった場合、▼こちらの記事もあわせてお読みいただくようお願いいたします。

残念ながら、途中で連絡を下さらなくなる方が後を絶ちません。

キツいことを言うようですが、そのような中途半端な覚悟しか持たない方のために捧げる余分な時間は持ち合わせておりません。

相談してこられた以上は経過の連絡や結果の報告の義務も負うと考えてください。

文面から読み取る心構え態度、また言葉づかいなどに疑問を感じた場合は、厳しいお返事をすることもあります。

  • 名乗らない
  • あいさつ抜きでいきなり本題

などは言語道断。

家族の幸せのために時間とお金を消費しながら、1分1秒を大切に、懸命に生きています。十分にご配慮願います。

※ 初めてメッセージを下さるタイミングで本名(フルネーム)を名乗れとは申しません。それについてはむしろお止めしたいくらいです。

ぜひ読んでみてほしい関連記事