ウェブ上のWebP画像をJPG・PNG形式に変換してダウンロードする方法

ウェブ上の画像をダウンロードして保存したいとき、最も簡単にできる方法はこちらの記事でご紹介した「①ドラッグ&ドロップ」です。

右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】

右クリックが禁止されているウェブページでも使えて便利。

※まれにこの方法が使えない場合もあります。

でも、ドラッグ&ドロップしてみたら、最後尾に見たこともない文字列がくっついてた・・・なんてこと、ありませんか。

その画像に使われている色を調べようと、こちらの方法に従って・・・開いて・・・

画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【 for Windows】画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【for Windows】
ねね
あれ?  開けないや・・・。
ことり
そうなの。

この記事では、そんなときはどうすればよいかをお教えしますね。

そして後半では「webp」の何たるかについて紹介しています。

現時点(2018年9月時点)ではまだあまり知られていないようですが、もしかしたら今後ニュースタンダードになるかも?

画像の質を劣化させずにファイルサイズを劇的に圧縮できるということなので、表示スピードに悩むブログ運営者さんは特に知っておく必要があるでしょう。

ねね
ぜひ最後まで読んでみてね。

webp画像をダウンロードして保存する方法

ただダウンロード&保存するだけならドラッグ&ドロップでできるんです。

でも、ファイル形式はナゾ多き「.webpウェッピー」。

一般的な画像編集ソフトで開いて編集できるように、おなじみのファイル形式で保存できたら助かりますね。

ことり
というわけで、その方法をお教えしますね。

具体的な手順

1

ブラウザで新しいウィンドウを開き、保存したい画像を新規ウィンドウにドラッグ&ドロップします。

 

 

ねね
何か画像がもぞもぞ動いてるけど許してやって。

2

アドレスバーに表示されたURLの最後尾を見てください。

  • .png?w=●●●●&ssl=1
  • .jpg?resize=400%●●●●●&ssl=1

いずれかに近い文字列で構成されていると思います。

 

3

この文字列の拡張子より後ろのこの部分を削除します。

  • ?w=●●●●&ssl=1
  • ?resize=400%●●●●●&ssl=1

4

すると、こんな感じのURLが残ります。

  • https://xxxx.com/wp-content/uploads/年/月/xxxx.png
  • https://xxxx.com/wp-content/uploads/年/月/xxxx.jpg
  • https://xxxx.com/wp-content/uploads/xxxx.png
  • https://xxxx.com/wp-content/uploads/xxxx.jpg

ブラウザに表示されている画像は同じ。

 

ことり
少し大きく表示される可能性はありますが。

5

ここまでできたら、こちらの記事でご紹介した方法「①ドラッグ&ドロップ」が使えるようになってます。

右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】

6

もちろん、こちらの記事にでご紹介した方法で、保存した画像に使われている色を調べられます。

画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【 for Windows】画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【for Windows】

 

ことり
この後、私たちの新しい仲間(?)ウェッピーをご紹介します。
ねね
ぜひ読んでね!

見たこともない拡張子「.webp」

ことり
「ウェッピー」と読みます。
ねね
何だか可愛い響き。

拡張子かくちょうし」というのは画像のファイル形式を表す略称。

なじみ深い拡張子といえば、主にこの3つですね。

  • jpg(jpeg)ジェイペグ・・・Joint Photographic Experts Group
  • pngピン(グ)・・・Portable Network Graphics
  • gifジフ・・・Graphics Interchange Format

画像をダウンロード&保存したものの・・・

冒頭でもご紹介したこちらの記事に記載の方法「①ドラッグ&ドロップ」を利用して画像を保存したとします。

右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】

でも・・・。

この方法で保存した画像の拡張子が「.webp」となっていて、頭に「?」が浮かんだ経験はありませんか。

ある。
ある。
ねね
あるある。
ことり
キミもかいな。

ですよね。だからこの記事を書いたんです。

拡張子「.webp」って?

先ほど「新しい仲間」なんて言いましたが、実は2010年9月30日に公表され、間もなく提供が開始されてるんですねぇ。

ことり
8年も経った今になって初めて知りました。
参考 WebP〔ウェッピー〕Wikipedia

試しに夫に聞いてみたところ、「ウェッピーってこれ?」と言って送ってきたのがコレです。

参考 ウェッピーゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

ちっとも関係ない話なんですが、一応リンク貼っておきました。心がギスギス・クサクサしてるときにでもどうぞ。

ことり
ちなみに夫はSE〔システムエンジニア〕です。仕事で1日中パソコンさわってる人です。
ねね
なのに知らないなんて・・・「WebP」の知名度の低いこと。

「WebP」はGoogle神が開発した最新の画像圧縮技術で、従来の画像のファイルサイズの記録を大きく更新。

ねね
いや、小さくなったんだから「小さく更新」?

どっちでもいいよ。笑

ことり
なんせ30%のシェイプアップに成功したらしいよ。

30%も圧縮できれば、ウェブページの表示もサクサク快適になることは間違いありません。

持ってる無料ソフトで閲覧・編集できる?

Windows標準装備の「ペイント」では、このファイル形式の画像は開けません。

そして残念なことに、私の相棒「Screenpressoスクリーンプレッソ」でも開けません。

参考 Screenpresso

Paint.NET」はプラグイン(拡張機能)を足せば開けるようですが、このプラグインがなかなか厄介なんですよ。英語なのでね・・・。

参考 Paint.NET

おなじみのファイル形式で保存できたら、また普段から使っている画像編集ソフトで加工できたらありがたいですよねぇ。

ねね
そのうちソフトが対応するのかなぁ・・・?

おわりに

ウェブ上の画像を入手する方法はいくらでもありますが、悪用厳禁。

あくまでも、こちらの記事でご紹介したような利用目的に留めましょう。

画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【 for Windows】画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【for Windows】
ねね
約束してね。

スポンサーリンク

関連記事

ことり
ウェブ上の画像を利用する場合はこちらの記事を参考にしてくださいね。
右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】右クリック禁止の画像をダウンロード保存する方法4つ【悪用厳禁】 画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【 for Windows】画像から色を取り出してカラーコードやRGB値を調べる方法【for Windows】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA