【楽天】ポイント最大7倍還元中!

添削(てんさく)の意味|「鬼添削」ではどんなアドバイスが得られるのか

1 min
ことり

ことり

お答えします。

スポンサーリンク

言葉の意味:添削

読んで字のごとく、えたり(足したり)ったり(引いたり)するのが添削

必要に応じて言葉を補ったり、不要なものを削除したりします。

漢字の持つ意味:

付け加えるという意味を持つ漢字です。

この字を使った言葉でよく見かけるのが「合成加物」「付資料」など。

あなたの文章に足りないのはこういうところですよ。

とアドバイスします。

漢字の持つ意味:

  • 削る
  • 削(そ)ぎ落とす
  • 要らないものをカットする

この字を使った言葉には「削除」「経費削減」などがあります。

鬼添削ではこんなところをチェック&アドバイスいたします

  • 誤字・脱字・衍字はないか
  • 文章の前半と後半のつじつまは合っているか
  • 一文が長すぎないか
  • 理解しづらいくないか
  • 読みやすい・わかりやすいか
  • イラスト・図解・表は適切に挿入できているか
  • タイトルと中身が合っているか
  • 見出しと中身がズレていないか
  • イメージどおりの画像が挿入できているか
  • 難読漢字を使っていないか
  • 難しい言葉を使っていないか
  • スマホで見たときの表示は最適か
  • 表示崩れを起こしていないか

※ 衍字(えんじ):脱字の反対。間違って挿入されている不要な文字のこと。

お引き受けするものによって、また書き手によって、アドバイスの内容は大きく違っています。

100人いれば文章のクセも100通り。100本のブログ記事があれば、もちろん100通りのアドバイスができます。

扱う内容、書き手のクセ、どんな人に向けた記事なのかなど、さまざまな角度から拝見し、アドバイスいたします。

ことり

ことり

ご質問などあればお気軽にどうぞ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策:日本語が含まれないコメントは無視されます。ご注意ください。